「 ポルトガル 」一覧

マカオ土産のワイン達

星4つ。また飲みたいな

「Contra a Corrente 2005」

空き瓶がだいぶ溜まってしまいました。

これは昨年の夏、香港・マカオに旅行に行った際、おみやげとして街中の酒屋で購入したものの1本です。

DO Bairrada (バイラーダ)の赤

確か1000円程度で店員のおすすめだったのですが、普通に美味かったという以外にあまり記憶に残っていません・・・(汗

「GROUS RESERVA BRANCO 2007」

こちらはHARDADE DOSグループ生産の白ワイン。

やや甘みを感じる香りですが、味はスッキリと飲みやすい。

こちらも普通に美味いという感じで、店員さんの見立ては悪くなかったようです(私はポルトガル語は判らないですし、慣れない英語で好みを伝えるのは難しい!)。

>> この記事の続きを読む


マカオ・ソルマーで飲んだワイン VINHA GRANDE 2005 Tinto

星5つ。非常に美味い。

「VINHA GRANDE 2005 Tinto」

この夏休みに香港・マカオ4泊5日の旅に行ってきました。

マカオと言えばポルトガル料理とワイン!

と言うことで、ガイドブックを片手に向かったのは、マカオ料理で有名らしいレストランのソルマー(Solmar)。

大通りに面していて、不慣れな旅行客でも入りやすい。

日曜の18時頃で、まだ2階席は空いていましたが、その後すぐに一杯に。

日本語メニューが用意されているあたり、日本人旅行客も多いのでしょう(が、店内は日本人の姿は殆ど見えず。やはり中国人が多かったと思います)。

店員さんのお薦めで選んでもらった赤ワインが写真の「VINHA GRANDE 2005 Tinto」。

果実や花の良い香りと深いルビー色から期待値があがりますが、私も妻も好み通りの美味しさでした。

濃厚なコクがあるのに、サッパリとしていて飲みやすい!

これが230MOP(≒2,500円)程度でしたがとても美味しくて、普段飲んでいる感覚からすると、もっと上のクラスに感じました(日本の物価が高いだけ?)

ガイドブックなどでお薦めされていた「アフリカンチキン(写真は1/2サイズ)」は、ローストチキンにカレーがかかっているような料理ですが、これまたソースにコクがあって美味しかったです。

>> この記事の続きを読む


PORTUGA BRANCO 2008(ポルトゥーガ・ブランコ)

PORTUGA BRANCO 2008

一味違ったポルトガルの白ワイン。

「PORTUGA BRANCO 2008(ポルトゥーガ・ブランコ)」

最近飲んできたポルトガルワインはドウロ地方(北部)のものが多かったのですが、こいつはエストレマドゥーラ地方だからでしょうか?
明らかにタイプが違うようです。

フレッシュな柑橘系の香りに、さわやかな飲み口。

あまり酸味が強くなくマイルドなところが特徴で、とにかく飲みやすく美味しい。

お刺身と合わせましたが、生臭くならないところも良いですね(たまに合わないワインがあります)。

>> この記事の続きを読む


EXIMIUS BRANCO 2008(イグジミウス・ブランコ)

EXIMIUS BRANCO

ポルトガルの白ワイン

「EXIMIUS BRANCO 2008(イグジミウス・ブランコ)」

このブランドの赤ワインは以前に飲んでおり、印象が良かったのですが、今回は白を試してみました。

使用品種はポルトガルの土着品種フェルナン・ピレス種に、ヴィタル種、モスカテル種。

これまで飲んできたポルトガルワインの中でも、これは特に酸味が強い様に感じます。

後味がキリッとしているので、料理には合わせやすい。

お刺身系というよりは、そこそこしっかりした味付けの料理に良いかな?

鶏のレバニラ炒め

Cookpad鶏のレバニラ炒めと共に。

鶏レバーは初めて使ってみましたが、いつもの豚レバーよりはやわらかく、癖が少ないのであっさりと仕上がりました。

>> この記事の続きを読む


Quinta da Espiga 2008 Branco(キンタ・ダ・エスピーガ・ブランコ)

Quinta da Espiga 2008 Branco

ポルトガルの白ワインが続きます(まとめ買いしてるので・・・)。

「Quinta da Espiga 2008 Branco(キンタ・ダ・エスピーガ・ブランコ)」

使用ブドウ品種は、フェルナン・ピーレス、ヴィタル、アリント、モスカテルとソーヴィニヨン・ブラン。

やはりこのワインも「フレッシュな酸味とフルーティさ」という形容になります。

私の好きなタイプなのですが、これまで飲んできたポルトガルの白ワインに共通した傾向。

ポルトガルワインの特徴なのか、このお店(メルカード・ポルトガル 輸入食材さん)の好みでこういう傾向が出ているのか?いまいち判りませんが、いつも想像通りの味なので安心して開栓できるのは良いです。

あまり情報の無いマイナーなワインは、実際飲んでみるまで判らないですからね(しまった!この食事には合わないと後で気付く事もしばしば)。

この日は夏メニューらしくハワイアンな「ロコモコ」と共に。

ロコモコ

今回のワインもやや軽めでしたので、この組み合わせは夏にぴったりでした。

>> この記事の続きを読む


VIA LATINA 2008(ヴィア・ラティーナ)

VIA LATINA

ポルトガルは、ヴィーニョヴェルデ産の白ワイン。

「VIA LATINA 2008(ヴィア・ラティーナ)」

実は2007年ビンテージを以前に飲んでいます。

さすがに細かい違いまでは良く覚えていませんが、酸味がフレッシュで爽快という特徴は変わり無いようです。

ところで、今夜の主役はワインよりもこちら。

モウカサメのソテー

Cookpadモウカザメのソテー・バルサミコソース

前からスーパーの鮮魚売り場で気になっていました。

ピンク色のなんだか少し気持ちの悪い、あの切り身は何だろう?

モウカザメ(モロ)と言うサメの肉なんですね。

サメ肉ですが新鮮だからか?臭いは気になりません。

これが意外にも、淡白な白身で美味しい!!

カジキに似ていて、値段はカジキの半分以下ですし、これは良いものを見つけました。

>> この記事の続きを読む


CLAUSTRU’S BRANCO 2007(クラウストゥルス・ブランコ)

CLAUSTRU'S BRANCO

再びポルトガルの白ワイン。

「CLAUSTRU’S BRANCO 2007(クラウストゥルス・ブランコ)」

このブランドの赤ワインは以前に飲んでいます(なかなか良かったです)。

最近の記事では、D.O. DOURO(ドウロ)の白ワインが続きますが、フレッシュな酸味とフルーティさと言う方向性は両方とも似ているような気がします。

が、こちらの方がやや軽めで、気軽に飲むには良いかも。

バジルが香る・ツナとトマトのパスタ

今回はCookpad自家製バジルが香る・ツナとトマトのパスタと合わせてみました。

生トマトを使ったあっさり目の味付けなので、このような軽めの白ワインとの相性が良かったです。

>> この記事の続きを読む


CARM BLANCO 2007(カルム ブランコ)

CARM BLANCO

高級オリーブオイルで有名なCARMの白ワイン

「CARM BLANCO 2007(カルム ブランコ)」

久しぶりにポルトガルワインです(DOCドウロ)。

柑橘系の爽やかな酸味と果実味の力強さのバランスが程よい辛口。

美味い!

どんな料理にも合いそうだし、私の好きなタイプです。

不思議なんだけど、これまで飲んだポルトガルワインは全て当たりで、満足度の高いものばかり。

やはりマイナーだけに、厳選された良い品が入って来ているのでしょうかね?

>> この記事の続きを読む


UNIAO(ウニオン・ティント)

UNIAO

本日、バレンタインデーですが、妻からはシャンパンをもらいました♪

そのレビューを書こうと思ったのですが、美味しかったワイン(ポルトガルワイン)が商品入れ替えのため在庫処分(50%OFF)で残り数本の様なので、あわてて紹介しておきます!!

「UNIAO(ウニオン・ティント)」

ポルトガルはダン地方の共同組合で作られるデイリーワインです。

使用品種はティンタ・ロリス(リオハのテンプラニーニョと同じです)、ジャエン、ティンタ・ピニェイラ。

こいつは非常にフレッシュな果実味が心地よい。

安いワインなのですが、味わいはしっかりしています。

>> この記事の続きを読む


VIA LATINA 2007(ヴィア・ラティーナ)

ポルトガルワインといえば、ヴィーニョヴェルデと言われる程、有名な産地のもの。

「VIA LATINA 2007(ヴィア・ラティーナ)」

ヴィーニョヴェルデの白は、以前に1本飲んでいますが、そちらのブランドはすっかり気に入ってリピート購入しています。

さて、このヴィア・ラティーナですが、特徴であるフレッシュな酸味がしっかりと出ています。

やっぱり美味い!

微発泡も特徴なのですが、今回のものは弱かったです。

夏だと良く冷やして、風呂上りに一杯というのが最高ですかね。

皆でワイワイ、食前酒にも良さそうな、爽やかなイメージ。

DSC_1229 この時期だと、比較的味の濃い鍋なんかにも合いますよ。写真は今年初めてチャレンジした「カレー鍋」。翌日、残り汁にチーズとご飯を入れたリゾット風も良かった♪

>> この記事の続きを読む


スポンサードリンク