「 チリ 」一覧


Sunrise Sparkling Brut(サンライズ・スパークリング)

星3つ。普段飲み用に

Sunrise Sparkling Brut

お手軽スパークリングワイン

「Sunrise Sparkling Brut(サンライズ・スパークリング)」

チリのコンチャ・イ・トロ社の「サンライズ」と言えば、どこのスーパーでも扱っている気がします。

日本で一番よく見かけるチリブランドワインかもしれません。

今回はそのサンライズのスパークリングワインを飲んでみました(実はこのブログでサンライズシリーズを扱うのは初めてですが)。

シャルドネ35%、リースリング35%、シュナンブラン30%

Brut(辛口)と言うものの、私の飲んだ感じではやや辛口と言う感じでドライさに欠けます(やっぱりこの価格帯ではフレシネ・コルドン・ネグロが好き)。

ただし、激安のスパークリングワインにありがちな、不自然な香りと味(なんとなく香料でも使ってそうな)では無く、これはこれで十分いけます。

>> この記事の続きを読む


Valdivieso Cabernet Sauvignon 2009(バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン)

3つ星。デイリーワインに

チリ産のカベルネソーヴィニヨン(=チリカベ)

「Valdivieso Cabernet Sauvignon 2009(バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン)」

カベルネ・ソーヴィニヨン89%、カベルネ・フラン5%、シラー4%、メルロー2%

チリカベのブームが1990年代後半にあったようですが、当時私は赤ワインを全く飲まず、ウイスキーがメインでした。

なので、いわゆるチリカベの特徴って何なの?というのがよく判らないのです。

当ブログで紹介してきたチリカベ(というかチリの赤ワイン全般)に、どうも飲む前の私のイメージと実際とで違うんですよね。

この赤ワインは、非常に飲みやすい。

普段ワインを飲まない人も普通に美味しいと飲めるタイプで、これはこれでデイリーワインとして良いかな。安いし。

ただ、特筆すべき特徴が無いのは若干退屈かも。。。

生産者のバルディビエソは、南アメリカで最初にスパークリングワインを生産した老舗だそうで、やはりそこが作り手としての基礎となっているのでしょう。

うちでも、この生産者のスパークリングワイン白ワインを飲んでいますが、これはどちらも非常に良かった。

白ベースのほうが実力があるのでしょうね。

>> この記事の続きを読む


Valdivieso Sauvignon Blanc 2009(ヴァルディビエソ ソーヴィニヨン・ブラン)

4つ星。結構好きです。

Valdivieso Sauvignon Blanc 2009

チリの定番安旨白ワイン

「Valdivieso Sauvignon Blanc 2009(ヴァルディビエソ ソーヴィニヨン・ブラン)」

このブランドは、うちでも過去にスパークリングを飲んでいて、コストパフォーマンス最高!

と、絶賛していたものです。

今回はソーヴィニヨン・ブランでしたが、よく熟したブドウが使われているのでしょうか?

いわゆるソーヴィニヨン・ブランの青草っぽい香りと言うよりも、グレープフルーツなど柑橘系の香りを強く感じます(草っぽい香りの強いのは実は苦手で)。

味はしっかり目。

酸味がバランス良く心地いい。

美味い!

そうそう、過去にヴァルディビエソのスパークリングを飲んだ時は、cookpadレシピへまぐろのマスタード風味と合わせましたが、今回もこのレシピでサッパリと。

ただ、手頃なまぐろの柵が手に入らなかったので、ボイルほたてで増量。

かいわれも入手できずに、別のスプラウトを使っています(なんだか写真が前回のほうが美味そうに見える気が・・・)。

まぐろのマスタード風味

>> この記事の続きを読む


ASDA Chilean-Sauvignon Blanc 2008(アズダ チリ ソーヴィニヨンブラン)

1つ星。ゴメンナサイ

ASDA Chilean-Sauvignon Blanc

西友のバリューワイン

「ASDA Chilean-Sauvignon Blanc 2008(アズダ チリ ソーヴィニヨンブラン)」

西友で安売りされているワインの中にも、先日の「サウスアフリカン シュナンブラン」の様に、かなりコストパフォーマンスの高いものがあります。

さて、同じ西友のこのチリ産白ワインですが・・・

私も妻も、正直なところ好みの味ではなかったです。

あまりにも奥行きが無く、アルコール入りジュースの様。

これは次回は無いです(シュナンブランはリピートしています)。

All aboutの「西友の超安旨ワイン、これを飲め!」と言う記事では、オススメの第1番目に挙げられているんですけどねぇ。

まぁ、単に好みの問題か。

あと、もしかしたら同じASDAのチリ ソーヴィニヨンブランでも種類があるのかも??

うちにあるボトルはボルドー型の肩の張っているものなのですが、

西友のHP他の写真ではブルゴーニュ型のなで肩のボトルなんですよね(謎

>> この記事の続きを読む


La Palma Cabernet Sauvignon 2008(ラ・パルマ カベルネ・ソーヴィニヨン)

3つ星。デイリーワインとして

La Palma Cabernet Sauvignon 2008

チリ産の赤ワイン

「La Palma Cabernet Sauvignon 2008(ラ・パルマ カベルネ・ソーヴィニヨン)」

いわゆるチリカベ(チリのカベルネ・ソーヴィニヨン)と呼ばれるものですが、連想するイメージとは少し違うかも?

確かにフルーティで若干ミントを感じる香りは良い感じ。

でも、酸味・渋みは控え目。なめらかすぎてパンチに欠けるところが、私の飲む前の予想とは違っていました。

(どうも、チリの赤ワインは私のイメージと外れることが多いようです)

ま、値段を考えると、非常に品質は良いと思いますし、堅いカベルネよりもむしろ、こういう口当たりの良い滑らかなワインを好む方にはお勧めできます。

なかなか良い仕事をしているのではないかな。

>> この記事の続きを読む


Cono Sur Gewurztraminer Varietal 2009(コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタル)

5つ星。これは美味い!

Cono Sur Gewurztraminer Varietal 2009

ようやく飲みました!

「Cono Sur Gewurztraminer Varietal 2009(コノスル ゲヴュルツトラミネール ヴァラエタル)」

当ブログ記事の中でも最も良く読まれている記事「1000 円で満足のワイン・ランキング」にて、第1位となっているこのチリ産の白ワインですが、ようやく飲む機会がありました。

これは・・・

美味い!!!

バラやライチのような強い香りとマスカット系の芳醇な味。

ドイツワインにも似た甘い雰囲気の割には、引き締まったドライな味わいです(嫌な甘ったるさはない)。

ゲヴュルツトラミネールという品種は、フランスのアルザス地方が主産地。

なるほど、このワインは良くブドウ品種の特徴が出ていますね。

お酒(ワイン)を飲み始めた若い女の子にうけそうなイメージですかね?(リープフラウミルヒのような)。

>> この記事の続きを読む


VINA MAIPO Carmenere 2007(ビニャ マイポ カルメネール)

VINA MAIPO Carmenere

ワイン王国41号で5つ星獲得のベストバイワイン

「VINA MAIPO Carmenere 2007(ビニャ マイポ カルメネール)」

チリワインと言う事で、ちょっと癖があるのかと思いきや、これは美味い!

フルーティで飲みやすいのですが、見かけによらずしっかりとしたボディです。

絶妙なバランスですね。

ラザニア

私の好きなチーズたっぷりラザニアと共に。

>> この記事の続きを読む


Casillero del Diablo Chardonnay 2007(カッシェロ・デル・ディアブロ・シャルドネ)

Casillero del Diablo Chardonnay

チリの伝説の「悪魔の蔵」より

「Casillero del Diablo Chardonnay 2007(カッシェロ・デル・ディアブロ・シャルドネ)」

写真には撮れていませんが、このワインには悪魔の刻印が入っています。

美味しいワインを貯蔵する秘密の蔵で、盗みを防ぐ為に悪魔が住んでいるという噂を広めたところに由来するのだとか。

このワイン、樽香に、ハチミツの香りが印象的。

シャルドネ種ですが、スッキリしたタイプではなく、ボリュームのある芳醇タイプです。

あーこれは、鶏のマスタード焼きだとか、スパイスの効いた鶏肉料理に合いそう!!

さっぱりした魚介とは合わないなど、食事を選びそうですが、夏のスタミナ料理系とはいい相性ですね(やはり南米という土地柄?)。

さて、うちの夕飯は「なすと豚肉の豆板醤炒め」。

なすと豚肉の豆板醤炒め

これはこれで、ニンニクと味噌の辛味とワインが合い、美味しかったです。

>> この記事の続きを読む


Valdivieso Brut N.V.(バルディビエソ・ブリュット)

Valdivieso Brut

コストパフォーマンスが抜群に良いスパークリングワインに出会いました。

「Valdivieso Brut N.V.(バルディビエソ・ブリュット)」

ビーニャ・バルディビエソと言うチリの生産者ですが、南アメリカで最初にスパークリングワインを造った醸造所だそうです。

チリのスパークリングワインを飲むのはこれが初めて。

シャルドネ 60%、セミヨン 40%

淡いレモンイエローの色合いに、青リンゴ系の香り。

酸味がいい具合で美味しいです。

これはあっという間に空いてしまうな・・・

「まぐろのマスタード風味」と共に。

(まぐろの刺身が安い日を狙ってまた作りたい、おつまみ系サラダだけどメインでもいける)

まぐろのマスタード風味

>> この記事の続きを読む


スポンサードリンク