ビール・発泡酒一覧

ビールテイスト飲料 Kingsbury(キングスバリー)

4つ星

Kingsbury

コストと味を両立した、ノンアルコール・ビールテイスト飲料

「Kingsbury(キングスバリー)」

この記事以来、我が家でもビールテイスト飲料が大流行しています。

サントリー オールフリーも出荷再開しましたし、しばらくこのジャンルがアツイかも?

ところで、国内メーカーのビールテイスト飲料は一通り飲んだのですが、気になるのはやはり甘みが強いと感じる点ですね。

あと、350mLで130~140円と価格が高いところも不満です(酒税がかかっていないのに)。

そんな中、近所のイオン系スーパーで見つけたのがコレ。

製造元はアメリカの会社。

アルコール0.5%未満、16キロカロリー/100ML

麦芽とコーンスターチにホップが使われています。

味の傾向としては、国内メーカーのビールテイスト飲料に比べて甘みが抑えられたタイプ。

軽くてクリアな感じですが、こちらのほうが違和感が少ない。

バドワイザーの味をイメージしてもらえれば近いと思います。

>> この記事の続きを読む


サントリー オールフリー

星3つ

ビールテイスト飲料

前回、「ビール通が選ぶビールテイスト飲料ランキング」を記事にしましたが、実際に我が家でも試飲してみました。

ただし、銘柄は近所の酒屋で冷えていたものだけ。

現在、生産が追いつかずに販売休止中とされている、サントリー オールフリーも少量だけ店頭に出ていました。

なるほど、どれも味はビールには程遠いような・・・

特に、甘みが強くて苦味が足りないという傾向にあるように思います。

ただ、ビールとは別の新しい飲料と割り切ってしまえば、意外とこれはこれでアリかも。

麦茶では味わえない、爽快な喉越しが感じられます。

最近暑いから、朝でも昼でも出かける前でも、アルコールフリーでカロリーも気にせずグイッと飲めるというのは、なかなか気持ちの良いものです。

>> この記事の続きを読む


ビール通が選ぶビールテイスト飲料ランキング

うちでは私も妻も飲んだことがないのですが、アルコール度数1%未満のビールテイスト飲料が流行っているようですね。

ちょうど昨日の日経新聞土曜日版(NIKKEIプラス1)にて、「ビール通が選んだビール風味飲料」が1面で取り上げられていました。

こういうモノは味が良くなくてはどうしようも無いですが、アルコール度数0のものは妊婦や授乳中でも飲めると言うことですし、カロリーが低い点も嬉しいですね(例えばプレミアムモルツは47キロカロリー/100mL)。一度試してみようかと銘柄をメモしておきます。

-調査方法-
下記の専門家が試飲した評価に売れ行きなども加味して順位をつけた。
江口まゆみさん(酒紀行家)、エディ中村さん(日本地ビール協会認定ビアテイスター・マスタージャッジ)、小田良司さん(日本地ビール協会会長)、木村洋一さん(木内酒造専務)、木越敦子さん(フードアナリスト)、小畑昌司さん(ビアパブ「PANGARA」店主)、園田智子さん(ビール醸造家)、田村功さん(ビール評論家)、友田晶子さん(オールアバウトガイド)、樋口昇さん(「神楽坂ラ・カシェット」代表取締役)、藤原浩さん(フードアナリスト)

こうやってランキングを見ていると、なんだかとても美味しそうに見えます。運動で汗をかいた時にボトルでグイッと飲むのも良さそうです。

あと、実際に商品を選ぶ際には、製造工程に発酵が無くアルコール度数が完全に0.00%のものと、1%未満だがアルコールが残っているものは意味合いが違うので注意が必要な点だと思います。

第1位 ドイツビールレーベンブロイ アルコールフリー

アルコール度数0.5%未満
ドイツビールの伝統的製法に基づき、原材料に使用するのは麦芽とホップのみ。ビールに近いしっかりとした飲みごたえ。28キロカロリー/100mL

第2位 バクラー

アルコール度数約0.5%
オランダ、ハイネケンの製品。ビールと同じ製法と原材料で仕込み、ビールに近い味わいを再現した。20キロカロリー/100mL

第3位 サントリー オールフリー

アルコール度数0.00%
2010年8月3日に発売されたが、生産が追いつかずに現在販売休止中。9月上旬に再開の見込み。アルコール、カロリー、糖質の3つを世界で初めてゼロにした製品。0キロカロリー/100mL

>> この記事の続きを読む


オリオンビール サザンスター(Orion SOUTHERN STAR)

沖縄と言えばオリオンビール。

この夏休みに沖縄に旅行してきましたが、ずっとオリオンビールを飲んでいました。

ところで、意外と知られていないのが、オリオンビールが発泡酒やリキュールも販売している事(私も現地で見るまでこんなに種類があるとは知りませんでした)。

沖縄以外ではほとんど売られていないようですし、知らなくて当たり前ですが。

写真の「オリオンサザンスター」は今流行のリキュール系(2005年7月発売)。

スッキリ爽やかで飲みやすい!

沖縄の気候風土にマッチした辛口とはまさにこんな感じでしょうか。

>> この記事の続きを読む


ゼロナマ 「飲みごたえ実感キャンペーン」当たりました♪

いつ応募したのか、実は良く覚えていませんが・・・
サントリー「ゼロナマ 飲みごたえ実感キャンペーン」に当選したようで、6缶入りパックが届きました(やはりビール類の懸賞は非常に当たりやすいという印象です)。

今年3月に新発売となったこの銘柄、うちでは糖質OFF系はあまり飲まないのですが、藤岡弘のCMで非常に気になっていました。

さてこの「ゼロナマ」、糖質ゼロ(23kcal/100mL)を売りとした発泡酒で、麦芽とホップにこだわったとの事。特にホップはプレミアム・モルツに使われている欧州産ファインアロマホップが使われているという事で、この手の商品の弱点であった味にも自信があるようです。

>> この記事の続きを読む


アサヒ 「あじわい」

昨年10月に新発売された、アサヒビール「あじわい」ですが今回初めて飲んでみました。

キリン スパークリングホップ」と同じくリキュールに分類されているビール系飲料で、安い!
それでいて、大麦由来原料99.9%ということで、豆やとうもろこしを原料にしたものよりはいけるのでは?と期待です(「ドラフトワン」や「ジョッキ生」など豆・とうもろこし系はなんとなく臭いというか、独特の後味が私の好みには合いませんでした)。

>> この記事の続きを読む


キリン・ザ・ゴールド 新旧飲み比べ

2007年3月に新発売されたピルスナービール「キリン・ザ・ゴールド」ですが、今年3月より味もパッケージもリニューアルし、徐々に切り替わっているようです。

最近うちで飲むビールといえば、これかモルツが多いのかな?早速、新旧飲み比べてみました。

まず、デザインですが写真左の若干インパクトが弱い色合いから濃いゴールドに変わり、「隠し苦味」という言葉が「麦芽100%」に変わりました。相変わらず発泡酒と間違われかねない安っぽさを感じるのですが、「麦芽100%」を強調するのは良いですね。色合いも新しい方が美味そうに見えます。

>> この記事の続きを読む





スポンサードリンク