ウイスキー・ブランデー一覧

サントリー響 12年

星4つ

サントリー響 12年

サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰

「サントリー響 12年」

ウイスキーネタが続きますが、私が学生時代に最初にウイスキーを飲み始めた時はスコッチウイスキーの「カティサーク」から入りました。
確か丁度CMがバンバン打たれている頃で、若者に人気だったように思います。

その後、バーボンを飲んでいた時期が長かったですが、最近は家でも外でもジャパニーズウイスキーを飲む事が多いです。

そんな、ジャパニーズブレンデッドウイスキーの最高峰が、サントリーの「響」

私が自宅用に手を出せるのは12年ものくらいですが、やはり憧れの銘柄のひとつ。

甘い香りとマイルドな口当たりは、女性にも飲みやすいと評判良いですし、食後のゆったりとした時間に最高のデザートです。

>> この記事の続きを読む


フォアローゼス&IWハーパー ハイボール

星4つ。香りが秀逸

フォアローゼス&IWハーパー ハイボール

「Four Roses & IW Harper Highball(フォアローゼス&IWハーパー ハイボール)」

キリンから昨日(11/17)新発売のハイボール2種

今朝、電車の中吊り広告で見かけて早速買ってきました。

ハーパーもローゼスも、若い頃(主に学生時代)に一番良く飲んだウイスキーです。

懐かしいなぁ。

やはりバーボン・ウイスキーの特徴は、独特の甘い香りとスコッチには無いワイルドさでしょうか。

さて、これらのハイボールですが、香りが非常に良く出ています。

ハーパーやフォアローゼスが好きな人にはたまらない感じですね(思わずボトルを買いに行きたくなるような・・・美味い!)。

そして飲みやすい仕上がりなので、ストレートやロックはちょっとという場面でも気軽に飲めます!

>> この記事の続きを読む


Black Nikka Clear Blend(ブラックニッカ クリアブレンド)

ブラックニッカ

久しぶりにウイスキーを取り上げます

「Black Nikka Clear Blend(ブラックニッカ クリアブレンド)」

もっと美味いウイスキーは山ほどあるのに、なぜブラックニッカなのかと言うと・・・

梅酒用のウイスキーとして非常に良かったから。

モルトウイスキーのスモーキーな香味はアクセントとして好まれますが、梅酒では梅の香りが主役ですから、脇役として上手く立ち回れるタイプのお酒と相性が良いでしょう。

ブラックニッカ クリアブレンドはノンピートタイプですので、その点梅酒に向いています。

また、1.8Lから4Lまでペットボトルも出ていてコストの面でもかなり優しい。

昨年、ホワイトリカー、ウイスキー、泡盛と3種類の梅酒を仕込みましたが、このブラックニッカを使った梅酒がとても良かったです♪

ウイスキー梅酒

レシピは、ウイスキー(ブラックニッカ クリアブレンド)900mL + 青梅500g + 氷砂糖250g。

砂糖控えめで作った事もあるのでしょうが、スッキリとしたちょっと大人の味の梅酒です。

梅の香りがしっかりと出ていますしね。

>> この記事の続きを読む


「角ハイボールセット」当選しました♪

角ハイボールセット

以前に、サントリーウイスキー「角瓶」のところで記事にした、「角ハイボールセット」のプレゼントキャンペーンですが、見事に当選しました!

(しかし、当選したのは私ではなく妻・・・)

お酒のキャンペーンものって当たる率が高いような感じがしていて、結構まめに応募していますが、やっぱり当たるもんですね。

ところで今回の景品は妻のものですので・・・私はまだ、このハイボール用に開発されたというソーダを試していません。

ジョッキだけ借りて、自前のウイスキーとソーダでハイボールを作ってみましたが、あら?なんだかいつもよりも美味しい(笑

この氷をしっかり詰めるところが、ポイントの一つかもしれませんね(氷が少ないと簡単に溶けて薄まってしまう)。

>> この記事の続きを読む


Suntory Whisky 「角瓶」

Suntory Whisky 「角瓶」

「角ハイボールセット」が50,000名にプレゼントされるようです♪

(ニュースリリースはこちら)

「Suntory Whisky 角瓶」

「ウイスキーが、お好きでしょ♪」と言う、小雪さんのCMにすっかり魅せされて、うちの妻もハイボールにハマッています。

先日、サントリーによるコンセプトバー「Splitz’ Aoyama」にも夫婦で出かけたのですが、残念ながらパーティで貸切となっていました(事前に確認すべきでしたね。また是非チャレンジしたい)。

で、今回のプレゼント企画ですが、「特製角ハイボールジョッキ」「角瓶 ポケット瓶(180ml)」「サントリー ソーダ(200ml)」がセットになっているようですね。

そう、このハイボール用に開発されたという、新開発のソーダが気になっていたのです(5月中旬より発売予定?)。

サントリーさん、ブログ上でレビューしますので、是非プレゼントに当選させてください!

という訳で、キャンペーンの応募は4月21日(火)から、5月31日(第1回締め切り)、6月30日(第2回締め切り)となっています。

お忘れなく。

サントリーウイスキー「角瓶」の特徴は、甘い香りとまろやかさ。

キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特徴。

このまろやかな味が、恐らく女性にも受けているのだと思います。

うちでは、角瓶よりも市価の安い「サントリー北杜50.5°」でハイボールを作ることの方が多いですけどね(北杜の方がさっぱりと大人しい味に)。

>> この記事の続きを読む


サントリー北杜50.5

たまにはワイン以外も紹介しておきましょうか。

うちで最近一番良く飲んでいるのはこれかもしれない。

「サントリー北杜50.5°」

サントリーのwebページでは、

白州竹炭ろ過原酒由来の甘く伸びのある芳醇な香り。コクがあり、まろやかな味わい。樽由来の香ばしさ、甘さ。

なんて説明がされていますが、まさにコクがありまろやか。そして上品です。

若い頃は、バーボンなんかの若干トゲのある味の方が好きでしたけどね。

こいつは比較的安いウイスキーに見られる、雑味が喉に引っかかる感じが無く、ウイスキーに飲みなれていない女性でも飲みやすいのではないでしょうか(そりゃ、山崎とか響は比べ物にならないくらい飲みやすいですけど)。

ポイントは癖がないので、ハイボールのベースに使いやすい点(なにしろ安いのでどんどんソーダで割ってももったいなくない)。

うちの妻は、よくこれのハイボールを作って飲んでいますよ。

>> この記事の続きを読む


シングルモルト「余市1988」がやってきた!

以前書きましたが、ジャパニーズウイスキーが注目されるなかで、「余市1987」が国際コンテスト、ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)でシングルモルト部門の最優秀賞を受賞。

是非、「余市1987」を飲んでみたい!!

と思ったものの、昨年11月発売の限定2000本は既に売り切れ、この5月に受賞記念として出された特別版も即効で売り切れてしまいました。

そして、今年もやってきました「余市1988」!!

この11月26日に限定3500本で発売開始。

妻の許しを得て、いそいで注文したものが、先日到着しました。

ほんの一口、これ香りも味も凄いの一言!(普段飲んでいるウイスキーが水のように薄っぺらく感じます)

スモーキーな風味がぶわーっと広がり、とろっと胃に落ちていく。

20の歳月と作り手のこだわりが込められた逸品。

鳥肌が立ちます。

>> この記事の続きを読む


サントリー 山崎10年

先日、「ジャパニーズシングルモルト」について記事にして以来、美味いジャパニーズシングルモルトを飲みたくて仕方が無かったのですが、やはり値段がネックなんですよねぇ。外でショットで飲む事ならできそうですが、ボトルで買うにはなかなか勇気が要ります。

そんな中で、これなら・・・と、うちにやって来たのが「山崎10年」

スタンダードな「山崎12年」の半額程度と、これなら手が出せる。同じ山崎のシングルモルトでも中身は全然違うのでしょうが・・・

これはこれで旨い!!

クセの無い、まろやかな味と香り。

この後の余韻が長引くあたり、さすが「山崎」と感じました。

>> この記事の続きを読む


REMY MARTIN VSOP(レミー・マルタンVSOP)

コニャックのレミー・マルタンVSOP。

本当はヘネシーの方が好きなのですが、お土産として頂いた物だったかな?
これはこれで、口当たりはとてもまろやかですし、バニラのようななんとも甘い香りが口の中に漂います。
やっぱり、ブランデーはストレートに限ります。

ちびちびと飲んできたものがもうすぐ無くなりそうで・・・次は何を買おうかな?

>> この記事の続きを読む


オールド・パー 12年(Old Parr)

ブレンデッド・スコッチ ウイスキー、「Old Parr」。
日本人が初めて飲んだスコッチはオールドパーだったとか。私が説明するまでも無く有名なお酒です。

普通にそこらの酒屋で買うと結構なお値段がするので(量販店で5000円前後?定価だと1万円弱?)、私が自分用に買ったりはしないのですが、今うちにあるものは義父の海外旅行のお土産ですね。

そりゃぁ、旨いです。
先日の「メーカーズマーク」も旨いのですが、飲み比べると、明らかにオールドパーの方が、香りも味も深みがあります。

>> この記事の続きを読む


スポンサードリンク