「 その他のお酒・レビュー記事 」一覧

これはヤバイ!ファミマ限定「泡盛コーヒー」

先日沖縄で見つけたヤバイ飲み物。

「ブラック泡盛コーヒー」

ファミリーマートの店舗に入ってすぐのところに、ディスプレイされていました(もちろんお酒コーナーにも冷えたものがありました)。

コーヒーと泡盛という、香りとちょっと刺激のある味がポイントとなる2つの飲み物が奇跡のコラボで融合しています。

これはヤバイ!(美味い)

>> この記事の続きを読む



期待の新商品「サントリー こくしぼり」

4.gif

この2月10日に新発売となったサントリー「こくしぼり」、非常にイイ!

ここのところ、チューハイではキリンの「本絞り」がイチオシとなっていましたが、「こくしぼり」の方がドライでクリアに感じました(私も妻も好み)。

グレープフルーツ、レモンライム、オレンジというラインナップでそれぞれアルコール度数は5%、6%、4%。クレープフルーツとレモンしか飲んでいませんが、アルコール臭さが無く、果実感が強い点で非常に飲みやすく、かつ甘みを抑えた本格派なので、流行る事間違いないように思います。

>> この記事の続きを読む


訪ねて楽しい日本酒の蔵元

1月26日の日経新聞土曜日版(プラス1)で、見学が楽しい日本酒の蔵元が紹介されていました。最近は試飲・販売だけでなくレストランなど食事も出来たり、子供連れで社会科見学のノリで楽しめるところも多い様ですね。

第1位 末広酒造(福島県会津若松市)

築100年以上の木造の蔵は創業時の雰囲気を残す。毎年予約制でオリジナルの日本酒製造も受け付ける。併設のカフェでは仕込み水で入れたコーヒーや大吟醸を使ったシフォンケーキを味わえる。

JR会津若松駅からバスで「大和町」下車、徒歩1分

>> この記事の続きを読む


春鹿 奈良の八重桜(今西清兵衛商店)

星4つ。リピートしたい。

春鹿 奈良の八重桜

皆様、本年も宜しくお願い致します。

さて、年末年始に奈良の実家に戻っていましたが、少し珍しい日本酒を飲んできました。

「春鹿 奈良の八重桜(今西清兵衛商店)」

蔵元の今西家は、代々春日大社の神官をつとめていたとの事で、正月ほかおめでたい席にはぴったりな印象があります。

さて、この春鹿 奈良の八重桜は、東大寺にある「知足院奈良八重桜」の花びらから得られた清酒酵母『ナラノヤエザクラ酵母』を使った奈良女子大学創立100周年記念酒という事で、特別な清酒。

日本酒度-28という値が示すように甘口なのですが、日本酒とは全く別物と言って良い味です。

むしろ白ワインに近いフルーティさ。

甘いけれどスッキリしているので飲みやすい。

これ、なんだろう?

日本酒の苦手な女性でも美味しく飲めると思いますし、とても面白いお酒だと思います。

実家のおせち料理と共に堪能してきました。

実家のおせち その1
実家のおせち その2

>> この記事の続きを読む


サントリー響 12年

星4つ

サントリー響 12年

サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰

「サントリー響 12年」

ウイスキーネタが続きますが、私が学生時代に最初にウイスキーを飲み始めた時はスコッチウイスキーの「カティサーク」から入りました。
確か丁度CMがバンバン打たれている頃で、若者に人気だったように思います。

その後、バーボンを飲んでいた時期が長かったですが、最近は家でも外でもジャパニーズウイスキーを飲む事が多いです。

そんな、ジャパニーズブレンデッドウイスキーの最高峰が、サントリーの「響」

私が自宅用に手を出せるのは12年ものくらいですが、やはり憧れの銘柄のひとつ。

甘い香りとマイルドな口当たりは、女性にも飲みやすいと評判良いですし、食後のゆったりとした時間に最高のデザートです。

>> この記事の続きを読む


フォアローゼス&IWハーパー ハイボール

星4つ。香りが秀逸

フォアローゼス&IWハーパー ハイボール

「Four Roses & IW Harper Highball(フォアローゼス&IWハーパー ハイボール)」

キリンから昨日(11/17)新発売のハイボール2種

今朝、電車の中吊り広告で見かけて早速買ってきました。

ハーパーもローゼスも、若い頃(主に学生時代)に一番良く飲んだウイスキーです。

懐かしいなぁ。

やはりバーボン・ウイスキーの特徴は、独特の甘い香りとスコッチには無いワイルドさでしょうか。

さて、これらのハイボールですが、香りが非常に良く出ています。

ハーパーやフォアローゼスが好きな人にはたまらない感じですね(思わずボトルを買いに行きたくなるような・・・美味い!)。

そして飲みやすい仕上がりなので、ストレートやロックはちょっとという場面でも気軽に飲めます!

>> この記事の続きを読む


ビールテイスト飲料 Kingsbury(キングスバリー)

4つ星

Kingsbury

コストと味を両立した、ノンアルコール・ビールテイスト飲料

「Kingsbury(キングスバリー)」

この記事以来、我が家でもビールテイスト飲料が大流行しています。

サントリー オールフリーも出荷再開しましたし、しばらくこのジャンルがアツイかも?

ところで、国内メーカーのビールテイスト飲料は一通り飲んだのですが、気になるのはやはり甘みが強いと感じる点ですね。

あと、350mLで130~140円と価格が高いところも不満です(酒税がかかっていないのに)。

そんな中、近所のイオン系スーパーで見つけたのがコレ。

製造元はアメリカの会社。

アルコール0.5%未満、16キロカロリー/100ML

麦芽とコーンスターチにホップが使われています。

味の傾向としては、国内メーカーのビールテイスト飲料に比べて甘みが抑えられたタイプ。

軽くてクリアな感じですが、こちらのほうが違和感が少ない。

バドワイザーの味をイメージしてもらえれば近いと思います。

>> この記事の続きを読む


サントリー オールフリー

星3つ

ビールテイスト飲料

前回、「ビール通が選ぶビールテイスト飲料ランキング」を記事にしましたが、実際に我が家でも試飲してみました。

ただし、銘柄は近所の酒屋で冷えていたものだけ。

現在、生産が追いつかずに販売休止中とされている、サントリー オールフリーも少量だけ店頭に出ていました。

なるほど、どれも味はビールには程遠いような・・・

特に、甘みが強くて苦味が足りないという傾向にあるように思います。

ただ、ビールとは別の新しい飲料と割り切ってしまえば、意外とこれはこれでアリかも。

麦茶では味わえない、爽快な喉越しが感じられます。

最近暑いから、朝でも昼でも出かける前でも、アルコールフリーでカロリーも気にせずグイッと飲めるというのは、なかなか気持ちの良いものです。

>> この記事の続きを読む


ビール通が選ぶビールテイスト飲料ランキング

うちでは私も妻も飲んだことがないのですが、アルコール度数1%未満のビールテイスト飲料が流行っているようですね。

ちょうど昨日の日経新聞土曜日版(NIKKEIプラス1)にて、「ビール通が選んだビール風味飲料」が1面で取り上げられていました。

こういうモノは味が良くなくてはどうしようも無いですが、アルコール度数0のものは妊婦や授乳中でも飲めると言うことですし、カロリーが低い点も嬉しいですね(例えばプレミアムモルツは47キロカロリー/100mL)。一度試してみようかと銘柄をメモしておきます。

-調査方法-
下記の専門家が試飲した評価に売れ行きなども加味して順位をつけた。
江口まゆみさん(酒紀行家)、エディ中村さん(日本地ビール協会認定ビアテイスター・マスタージャッジ)、小田良司さん(日本地ビール協会会長)、木村洋一さん(木内酒造専務)、木越敦子さん(フードアナリスト)、小畑昌司さん(ビアパブ「PANGARA」店主)、園田智子さん(ビール醸造家)、田村功さん(ビール評論家)、友田晶子さん(オールアバウトガイド)、樋口昇さん(「神楽坂ラ・カシェット」代表取締役)、藤原浩さん(フードアナリスト)

こうやってランキングを見ていると、なんだかとても美味しそうに見えます。運動で汗をかいた時にボトルでグイッと飲むのも良さそうです。

あと、実際に商品を選ぶ際には、製造工程に発酵が無くアルコール度数が完全に0.00%のものと、1%未満だがアルコールが残っているものは意味合いが違うので注意が必要な点だと思います。

第1位 ドイツビールレーベンブロイ アルコールフリー

アルコール度数0.5%未満
ドイツビールの伝統的製法に基づき、原材料に使用するのは麦芽とホップのみ。ビールに近いしっかりとした飲みごたえ。28キロカロリー/100mL

第2位 バクラー

アルコール度数約0.5%
オランダ、ハイネケンの製品。ビールと同じ製法と原材料で仕込み、ビールに近い味わいを再現した。20キロカロリー/100mL

第3位 サントリー オールフリー

アルコール度数0.00%
2010年8月3日に発売されたが、生産が追いつかずに現在販売休止中。9月上旬に再開の見込み。アルコール、カロリー、糖質の3つを世界で初めてゼロにした製品。0キロカロリー/100mL

>> この記事の続きを読む


スポンサードリンク