Valdivieso Cabernet Sauvignon 2009(バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン)

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

3つ星。デイリーワインに

チリ産のカベルネソーヴィニヨン(=チリカベ)

「Valdivieso Cabernet Sauvignon 2009(バルディビエソ・カベルネ・ソーヴィニヨン)」

カベルネ・ソーヴィニヨン89%、カベルネ・フラン5%、シラー4%、メルロー2%

チリカベのブームが1990年代後半にあったようですが、当時私は赤ワインを全く飲まず、ウイスキーがメインでした。

なので、いわゆるチリカベの特徴って何なの?というのがよく判らないのです。

当ブログで紹介してきたチリカベ(というかチリの赤ワイン全般)に、どうも飲む前の私のイメージと実際とで違うんですよね。

この赤ワインは、非常に飲みやすい。

普段ワインを飲まない人も普通に美味しいと飲めるタイプで、これはこれでデイリーワインとして良いかな。安いし。

ただ、特筆すべき特徴が無いのは若干退屈かも。。。

生産者のバルディビエソは、南アメリカで最初にスパークリングワインを生産した老舗だそうで、やはりそこが作り手としての基礎となっているのでしょう。

うちでも、この生産者のスパークリングワイン白ワインを飲んでいますが、これはどちらも非常に良かった。

白ベースのほうが実力があるのでしょうね。

さて、このワインは楽天市場で1本778 円から。

スパークリングも850 円から出ています。

近所のスーパーでも見かけるほど出回っているブランドで、品種によるバリエーションも多いですが、バルディビエソを買うなら泡か白で。

スポンサードリンク

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

フォローする