シャトーカミヤ(牛久シャトー)ビール祭り2017

ゴールデンウィーク期間の5月3日から5日の3日間、「シャトーカミヤ ゴールデンウィークフェア」が開催されており私達夫婦も参加してきました。

シャトーカミヤ(旧牛久シャトー)と言えば、JR 常磐線「牛久駅」から徒歩で10分程度にある、日本初の本格的ワイン醸造場。

電気ブランで有名な、浅草の神谷バーのカミヤですね。

今は、ここではワインはほとんど作っていないようですが、雰囲気の良い建物が並んでおり、食事とワインが楽しめて、屋外ではBBQも。

残念ながら2018年末をもって、レストランの営業をやめてしまったようですが、見学施設(神谷傳兵衛記念館、オエノン ミュージアム)を含む園内の散策は、現在も可能です。

また、2019年は3月末に桜まつりが開催され、飲食ブースによりアルコールが提供されています。

多種の地ビールも製造しており、これが今回のゴールデンウイークフェアの目玉です。

   

地ビールのラインナップ

今回飲んだ地ビールは「ピルスナー」「牛久ホワイト」、そして限定品の「クランベリーラガー」「満開ラガー」の4種。

牛久ホワイトは香りが良くて良かったのと、満開ラガーが意外な味(桜餅のよう)で美味い。

会場にはお昼過ぎには到着しましたが、BBQは予約でいっぱい。レストラン2ヵ所も本日は予約で満席という状況。(想像以上に繁盛していました)

来年以降、もしレストランを利用される方は予約が必須のようです。

さてビールの後はワインも飲んで、お土産も買って満足の一日。

現地で飲むのも良いし、通販でも購入可能です。

ちなみに、2018年も5月3日(木)~5日(土)の3日間、牛久シャトー ゴールデンウィークフェア 2018が開催されました。

  • バーベキューガーデン「ビール祭り」 11:30~21:00(20:00ラストオーダー)
  • 牛久ブルワリー工場見学 1回目:12:00 2回目:13:30 3回目:15:00 当日申込・抽選制 1日3回

今後の運営がどうなるかはわかりませんが、重要文化財にも指定されている醸造所であり、自治体も保存活用すべく契約締結していますので、規模は縮小しても、憩いの場が提供されることを期待しています。

お気軽に質問や感想などを下のコメント欄よりお寄せください