BORSAO Clasico Tinto 2007(ボルサオ・クラシコ・ティント)

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

BORSAO Clasico Tinto

雑誌「一個人」の「決定!国別「2000円以下」極旨ワイングランプリ」にて、赤ワインNo1を獲得したこのワイン、どんなものか飲んでみたくて指名買いしてみました。

「BORSAO Clasico Tinto 2007(ボルサオ・クラシコ・ティント)」

スペインのDOカンポ・デ・ポルハで作られた赤ワインですが、

ガルナッチャ(グルナッシュ)70%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、テンプラニーリョ10%

と言う点で、これまで飲んできたテンプラニーニョ種メインのスペインの赤とは傾向が異なりそうです。

スクリューキャップなのですが、開栓一番、ベリーの香りが非常に良いです。

おー、コクがありまろやかな果実味と程よい酸味。

非常に飲みやすい、優等生的な美味しさです。

パンチが効いた、テンプラニーニョ系のスペインワインとは正反対ですね。

私も妻もスイスイとグラスが空いてしまい、これは危険だ。(笑

値段がまた凄いのが、「一個人」No1ワインにも関わらず、1本924 円と1000円以下で売られています。

これを飲んじゃうと、ちょっと値の張るフランスワインに手が出なくなるかも・・・

是非、ストックを。文句なしに一押しデイリーワインです。


【2月16日より出荷】ボデガ・ボルサオSAクラシコティント[2007](赤ワイン)[Y]

スポンサードリンク

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

フォローする