Louis Page Cabernet Sauvignon(ルイ・パージュ カベルネ・ソーヴィニヨン)

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

南仏はヴァン・ド・ペイ・ドックの赤ワイン。生産元のルイ・パージュ社は世界中の航空会社の取扱い(特にファーストクラス)がきっかけで、質に対する評価を得ているとの事。

さて、このワイン、フルーティーで飲みやすいタイプ。
渋味はあまり感じらませんが、甘みと(特に)酸味がしっかりと出ています。

私と妻の共通の感想としては、単品(あるいはチーズ程度のつまみと一緒に)で飲むには良いが、食事にあわせるのは少し難しいテイストかな?後一歩インパクトに欠けるような気も?

1本(750mL)897円からと思えば、安旨ワインとして十分行けていると思いますが。

スポンサードリンク

当記事がお役に立ちましたらシェアして頂ければ嬉しいです。

フォローする